『軍事史学』 第51巻~最新号 詳細

通巻201号 第51巻 第1号(2015年 6月)     
 
特集・日本陸軍をめぐる諸問題
 
巻頭言 「戦後七〇年」〔庄司潤一郎〕
再考「平型関大捷」〔姜 克實〕
近代日本の防衛からみた沖縄〔齋藤達志〕
日露戦争後の歩砲協同思想の確立〔小数賀良二〕
サッチャー政権初期の対中東政策〔篠﨑正郎〕
プロイセン参謀本部のインテリジェンス体制〔大原俊一郎〕
(史料紹介)「第三十二軍陣中日誌」〔渡邉昭夫〕
(史料紹介)藤森清一朗海軍少将関係文書〔小磯隆広〕
(戦跡探訪)ペリリュー島嶼戦(前編)〔和泉洋一郎〕
(書評)久野潤『帝国海軍と艦内神社』〔影山好一郎〕
(史料館探訪)ヨーロッパ相互理解のためのクルジゾワ財団 〔池田直隆〕

通巻202号 第51巻 第2号(2015年 9月)     
 
特集・戦争と記憶
 
巻頭言 「戦争の記憶を絶やさぬために」〔木畑洋一〕
勝利か玉砕か〔長谷川岳男〕
レジスタンスとファシズム〔剣持久木〕
英霊の凱旋」から「空の遺骨箱」へ〔浜井和史〕
東京大空襲の集合的記憶と「戦後」の時間感覚〔木村 豊〕
ホモソーシャルな戦争の記憶を越えて〔猪股祐介〕
(戦史史話)「永田丸」船員の墓標〔宮川裕章〕
(研究ノート)「特別攻撃」の国際比較について〔西山 崇〕
(研究ノート)一九三七~四五年の台湾島内の観光事業と台湾駐屯日本軍〔呉 米淑〕
(戦跡探訪)ペリリュー島嶼戦(後編)〔和泉洋一郎〕
(書評)竹本知行『幕末・維新の西洋兵学と近代軍制』〔幡新大実〕
(軍事史関係史料館探訪)広島平和記念資料館〔千田武志〕
(軍事史関係史料館探訪)東京大空襲・戦災資料センター〔喜多義人〕

通巻203号 第51巻 第3号(2015年 12月)     
 
特集・戦争と兵站
 
巻頭言 「『総力戦論』の衝撃」〔波多野澄雄〕
幕末の兵糧パンについて〔淺川 道夫〕
日本陸軍の海路兵站線保護策〔岩村研太郎〕
総力戦と通貨・金融政策〔小野 圭司〕
冷戦における経済の役割〔高橋 和宏〕
(研究ノート)対日通商破壊戦の実相〔荒川 憲一〕
(研究ノート)日本陸軍の兵站思想とその限界〔美藤 哲平〕
(史料紹介)ソ連極東方面軍の後方に関する史料〔笠原 孝太〕
(研究ノート)昭和十年前後の外国船舶による領水侵入とその対応〔児島 健介〕
(戦史史話)占守島 命を懸けた停戦交渉〔長島  厚〕
(史料紹介)海洋政策研究所関係文書〔小磯 隆広〕
(戦跡探訪)アンガウル島嶼戦〔和泉洋一郎〕
(書評)平野龍二『日清・日露戦争における政策と戦略』〔稲葉 千晴〕
(書評)宮田昌明『英米世界秩序と東アジアにおける日本』〔戸部 良一〕

通巻204号 第51巻 第4号(2016年 3月)     
 
特集・総力戦と冷戦-20世紀の戦争-(軍事史学会創立五〇周年記念号)
 
巻頭言 「学会創立五〇周年に寄せて」〔黒沢 文貴〕
座談会「軍事史学会五〇年を回顧して」〔高橋久志、波多野澄雄、伊藤隆、原剛、永江太郎、平間洋一〕
国際シンポジウム「総力戦と冷戦―二〇世紀の戦争―」
 社会革命と軍事的勝利〔アーサー・ウォルドロン(河合利修訳)〕
 総力戦・冷戦と日本の安全保障観〔戸部 良一〕
 二〇世紀の二つの総力戦〔H.P.ウィルモット(河合利修訳)〕
 「似て非なる」戦争〔等松 春夫〕
 アメリカの朝鮮戦争のトラウマとベトナム戦争〔朴泰均(河合利修訳)〕
 冷戦と日本〔赤木 完爾〕
 国際シンポジウムに寄せて 波多野澄雄〕
 平成二十七年度軍事史学会大会の総括 影山好一郎〕
書評
 笠原孝太『日ソ張鼓峯事件史』〔荒川 憲一〕

通巻205号 第52巻 第1号(2016年 6月)     
 
特集・軍人とリーダーシップ
 
巻頭言「明治の軍人と昭和の軍人」〔戸部良一〕
ジョージ・C・マーシャルと米国の政軍関係―「率直さ(candor)」と「信頼(trust)」―〔菊地茂雄〕
日本軍の島嶼防衛作戦における統率―パラオ地区集団の例を中心に―〔齋藤達志〕
四境戦争における大村益次郎のリーダーシップ〔竹本知行〕
(研究ノート)ガダルカナル戦における一木支隊長の統率―「任務重視型」軍隊の全滅プロセス―〔関口高史〕

近世初期日本における騎馬武者の戦闘態様と存在意義〔久保田正志〕
(研究ノート)明治期の日本海軍の海難救助―海軍の実施した海難救助の実態を中心に―〔大井昌靖〕
(書評)ジョン・C・ストウシンガー著、等松春夫監訳・比較戦争史研究会訳『なぜ国々は戦争をするのか 上・下』〔池田直隆〕
(書評)伊勢弘志『近代日本の陸軍と国民統制―山縣有朋の人脈と宇垣一成―』〔河野仁〕

通巻206号 第52巻 第2号(2016年 9月)     
 
特集・近代における軍事交流
 
巻頭言 「軍事交流における駐在武官の役割」〔引田淳〕
中国における武器禁輸協定の破棄と兵器同盟の破綻〔横山久幸〕
汪精衛政権と日本人顧問〔許育銘(馮青訳)〕
「外国軍隊の訓練」という軍事交流〔堀口多喜二〕
日中戦争期日本陸軍における宣撫工作と映画交流〔工藤信弥〕
(研究ノート)初代駐日フランス公使館附陸軍武官ブグアンの日本での活動〔中津匡哉〕
(史料紹介)中曽根康弘防衛庁長官訪米記録〔高橋和宏〕
元寇の実相〔佐藤鉄太郎〕
(書評) 佐々木太郎『革命のインテリジェンス』〔奥田泰広〕

通巻207号 第52巻 第3号(2016年 12月)     
 
特集・西南戦争
 
巻頭言「劣化する史蹟」〔川島正〕
西南戦争の戦費調達政策再考〔小野圭司〕
西南戦争にみる日本陸軍統帥機関の成立過程とその苦悩〔齋藤達志〕
(研究ノート)西南戦争と佐倉第二連隊〔山本哲也〕
(研究ノート)西南戦役における西郷軍の成立と編制〔鈴木徳臣〕
(講演録)西南戦争遺跡の発掘調査〔中原幹彦〕
(講演録)西南戦争における田原坂の戦闘〔原剛〕
日本陸軍の経理上における非違行為〔本間正人〕
(研究ノート)台児庄戦役における日本軍の死傷者数考証〔姜克實〕
(書評)
小数賀良二『砲・工兵の日露戦争』〔長南政義〕
長南政義『新史料による日露戦争陸戦史』〔平野龍二〕
高杉洋平『宇垣一成と戦間期の日本政治』〔戸部良一〕
(軍事史関係史料館探訪)
熊本市田原坂西南戦争資料館〔淺川道夫・竹本知行〕
陸上自衛隊北熊本駐屯地防衛館〔齋藤達志〕

通巻208号 第52巻 第4号(2017年 3月)     
 
特集・作戦と戦闘
 
巻頭言「戦争と作戦・戦闘」〔大東信祐〕
(特別寄稿)ヴェルダン―戦いとその神話―〔ゲルト・クルマイヒ〕(西山暁義訳)
日本陸軍の「上陸作戦」原型の確立〔岩村研太郎〕
離島奪回作戦の事例研究―ガダルカナル緒戦における教訓―〔関口高史〕
専守防衛作戦の可能性と限界―冬戦争と中越戦争の戦例からの考察―〔小川健一〕
(戦跡探訪)硫黄島の戦い〔尾上盛太郎〕
(自由論題)占領期における第二復員省職員の政治的動向と役割―公職への留任状況を中心に―〔山縣大樹〕
(書評)今井宏昌『暴力の経験史―第一次世界大戦後ドイツの義勇軍経験1918~1923―』〔鍋谷郁太郎〕
(軍事史関係史料館探訪) 防衛省防衛研究所戦史研究センター史料室〔菅野直樹〕